ギターを高く売る方法と少しでも買取価格を引き上げるコツ

ギターを高く売る方法 ギター買取コラム

バンド仲間との青春時代の思い出が詰まったギター…。

やむを得ない事情から売るにしても、少しでも高く値段をつけてほしいのが人情ですよね。

お金に困って売るのであれば、なおさら一円でも高く買い取ってもらいたいものです。

そこでこの記事では、中古ギターを高く売る方法や、買取業者の選び方、また少しでも買取価格を引き上げるためのコツを紹介していきます。

中古ギターは売る方法によって価格が大きく変わる

中古ギターは売る方法によって、いくらで売れるかは大きく変わってきます。

面倒だからとよく調べずに売ってしまうと、数万円レベルで損してしまう可能性もあるので、どの売り方がベストかちゃんと調べて判断してください。

高く売るなら専門のギター買取業者がおすすめ

基本的に少しでも高く売りたいのであれば、専門のギター買取業者、もしくは楽器買取業者に買い取ってもらうのをおすすめします。

ギターは同じメーカーでも、モデルや保存状態によって価値は全く違うので、専門の業者に査定してもらうのが一番確実です。

最近ではわざわざ店頭まで出向かなくても、自宅への出張買取や宅配買取を無料で行っているので、手間もかからないというのも大きなメリットです。

改造ギターはフリマアプリも検討しよう

一般的に改造ギターや、モデファイを施したギターは、大きく価値を下げてしまいます。

買取業者に査定を依頼しても、オリジナルと比べて、買取価格が大きく下がってしまう可能性が高いです。

しかしフリマアプリなど、一般ユーザーとの直接取引であれば、魅力を上手に伝えれば、高額で売れる可能性があります。

また改造ギターでも柔軟に評価してくれる買取業者を探すのも、一つの手段です。

※改造ギターを高く売る方法や注意点は、当サイト内のこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

改造ギターでも買取は可能?買取価格は下がる?高くなる?

ブックオフやハードオフは避けるべき

どうせどこで売っても同じ…と、ブックオフやハードオフに持っていってしまう人も多いですが、個人的にはおすすめできません。

ブックオフやハードオフには、楽器に詳しいスタッフがいないため、市場価値を正しく評価できないからです。

また顧客層もとりあえずギターを買ってみたいという初心者が多いため、販売価格も低く設定されています。

必然的に買取価格もかなり低くなってしまうので、まずは専門の業者に無料査定を依頼することをおすすめしています。

高く売るためのギター買取業者の選び方

続いてあなたのギターを一番高く買い取ってくれる、買取業者の選び方を解説していきます。

査定をしてもらったあとでも、売るのを断っても全然問題ないので、買取業者選びは妥協しないことが大切です。

複数の業者に査定してもらおう

一番大切なのは、複数の買取業者に査定を依頼することです。

ギターは数字やデータで解析できないため、査定する担当者の感性による影響も大きくなります。

そのため買取業者を変えるだけで、査定額に何万円も差が出ることも珍しくありません。

ギター買取業者はネットや電話で簡単に査定を無料で依頼できるので、まずは気軽な気持ちで査定依頼してみましょう。

目安としては、最低でも3社以上に査定してもらうと、適正な買取相場を把握できるでしょう。

ギターの買取方法は出張買取がおすすめ

ギターの買取には、「出張」「宅配」「店頭」と、大きく分けて3種類あります。

  • 出張…自宅に担当者が赴き、その場で査定してもらえる
  • 宅配…自宅に回収業者が赴き、店頭へ配送して査定してもらえる
  • 店頭…店頭までギターを持っていき、その場で査定してもらえる

当日中に査定結果を知りたいのであれば、出張買取か店頭買取がおすすめですが、近くに楽器屋さんが無い限り、出張買取をおすすめしています。

宅配買取も自宅にいながらギターを売ることができますが、他社と比較するためには、わざわざ返送してもらわなくてはいけません。

手数料を取られてしまうこともあるので、出張買取の方が手軽で早くおすすめです。

楽器の買取屋さん

出張買取を依頼するのであれば、全国対応のネットワークを持つ、「楽器の買取屋さん」がおすすめです。

ネット申し込みから即日査定に対応しており、出張買取であっても査定額に影響は一切ありません。

もちろん査定額に満足行かなければ売らなくてもOKなので、とりあえず査定を依頼するのであればおすすめの一社です。

中古ギターを少しでも高く売るコツ

ここからは中古ギターを少しでも高く売るコツを解説していきます。

準備をしておくだけで、数千円、場合によっては満単位で買取価格を引き上げることができるので、ぜひ査定を依頼したあとは実践してみてください。

ギターを綺麗にしておく

先ほども説明しましたが、ギターの買取価格は担当者の心象によって左右される部分が大きいです。

そのため少しでも綺麗な状態に戻しておくことで、買取価格を確実にアップすることができます。

ギターの掃除によく使うレモンオイルや、掃除クリーナーなどは数百円で購入できるので、時間のある方は査定前にギターを綺麗にしておきましょう。

錆びてない弦を張っておく

買取査定では、その場で試奏をして、音がひび割れてないかなど鳴りの確認も行います。

そのため、あらかじめ弦を張っておいたほうが、担当者からは喜ばれます。

また出張買取の場合、弦がなければ試奏できないケースもあります。

そうなると査定額も低くなる可能性が高いので、可能であれば錆びていない弦を張っておくことをおすすめします。

ステッカー等は剥がしておく

好きなバンドのステッカーなども、剥がしておいたほうが買取価格は高くなります。

しかし昔から貼っているステッカーや、ステッカーの種類によっては、素人が剥がすと塗装に大きなダメージを与えるリスクもあります。

少しでも危険だと感じたときには、楽器屋さんなどに持ち込んで、プロにおすすめするようにしましょう。

ステッカーの貼ってあるギターは買取価格は下がるの?剥がして売ったほうが良い?

取り外せる装飾は外しておく

取り外せる装飾品などは、なるべく外してオリジナルに近い状態にしておきましょう。

無理に取り外すと傷をつけてしまう危険もあるので、これもプロの業者に相談することをおすすめします。

保証書や付属品を用意しておく

出来る範囲でも良いので、購入時についてきた保証書や付属品も用意しておきましょう。

中古品は購入時となるべく変わらない状態で保存されているのがベストです。

保証書や付属品がついていると、正規品である信頼も高くなるので、今手元には見つからないという方も、物置などを探してみることをおすすめします。

フリマアプリで付属品だけ購入も可能

フリマアプリで調べてみると、付属品だけ売りに出しているユーザーもいます。

売るときには見つからなかったけど、時間が経って出てきたという方は意外と多いです。

どうしても付属品が見つからないという方は、試しに探してみてもいいかもしれません。

数百円程度であれば、購入しておいたほうがお得になる可能性は高いです。

買い取ってもらうまでの中古ギターの保管方法

最後にこれから中古ギターを売るあなたに、買い取ってもらうまでのギターの保管方法を紹介します。

1週間程度でも乱雑に扱うと、ギターは傷んでしまうものです。

今からでも遅くはないので、ぜひ参考にしてください。

湿気の少ない日陰に保存しておく

ギターは湿気と直射日光が最大の的です。

湿気の多いところでは、弦だけでなく、各パーツも錆びてしまい、致命的なダメージを与えかねません。またネックの反り等にも繋がるので、絶対に避けてください。

また直射日光の当たる場所でも、塗装の劣化等に繋がるので、避けるようにしましょう。

こまめに弾いておく

売るまで保存する期間が長引きそうなら、こまめに弾いておくことも大切です。

ギターなどの楽器や、弾かない期間が長引いてしまうと、どうしても傷んでしまいます。

ギターの状態をチェックするためにも、週に2~3回は触っておくことをおすすめします。

ギタースタンドに立てておく

邪魔だからといって、カバーケース等に長時間保存するのはやめましょう。

ペグの歪みやネックの反りにつながってしまいます。

なるべくギタースタンドに立てて、本体には何も触れない状態を保っておくのが大切です。

弦は緩めておく

弦は張っておいた方がいいですが、長期間弾かないときには、緩めておきましょう。

きつく貼られている状態が続くと、短期間でもどんどんネックは反ってしまいます。

保存する際には若干弦を緩めておいて、ネックに負担がかからないようにしましょう。

タバコを吸う部屋に保管しない

ギターのフィンガーボードやピックガードは、タバコの煙によって着色しやすいです。

そのためギターを保存している部屋では、なるべくタバコを吸わないようにしましょう。

変色が見られると、買取価格は下がってしまうので要注意です。

以上、今回は中古ギターを少しでも高く売る方法を紹介しました。

やむを得ない事情で愛着あるギターを手放す方は、せめてもの供養として高額買取してもらってください。

コメント